忍者ブログ

一人暮らしの簡単☆やさいレシピ

毎日ちょこちょこと作っている簡単な野菜料理のレシピをご紹介します。
野菜の素材のおいしさを活かしたシンプルなものばかりです。
"You are what you eat."(あなたはあなたが何を食べているかで決まる)
野菜を沢山食べて、体の中からきれいになりましょう!
そして、「野菜ってこんなに美味しいんだ!」と気づいて頂ければ本望です。

料理大好き、食べるの大好き、スイーツ大好き&野菜啓蒙家 SUZYより

[PR]

2017/06/26(Mon)22:54

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

鶏の猟師風スープ

2006/11/01(Wed)03:47




イタリア語で「カチャトーラ」(猟師風)というみたいです。鶏肉ときのこ等の山の幸が入っているからかな?甘くて美味しかったです。(玉ねぎを入れすぎたからかも)全粒粉のフランスパンととてもよく合います。もちろん、普通のフランスパンでも美味しいと思います。
 料理本のレシピにはこれにセロリや、ブーゲガルニ(ハーブ)、ブラウンマッシュルーム等が入っているものだったのですが、なくて、代わりにしめじが入っています。また鶏肉もレシピでは強力粉をつけて焼くということだったのですが、強力粉がなくそのまま焼きました。レシピどおりに作れば、もっともっと味わい深い大人の味になったのかも。今度トライしてみます!

【材料】
・鶏もも肉(100g)
・玉ねぎ(1/2個)
・しめじ(1パック)
・まいたけ(1パック)
・にんにく(1/2かけ)
・塩
・こしょう
・白ワイン(大さじ6)
・オリーブ油(大さじ2)
・白ワインビネガー(大さじ1)
・トマト缶(1/2缶)
・黒オリーブ(8個)
・コンソメスープの素(小さじ3)
・水(カップ3)
・ドライパセリ(少々)←もちろん生のパセリでも!


【作り方】
1.鶏肉は、黄色い脂を取り除き、一口大に切って、白ワイン大さじ2をかけて10分おく。
2.玉ねぎは薄切り、まいたけ、しめじは石づきを取り除き、ほぐしておく。
3.鶏肉の水分をキッチンペーパーでふき取り、塩、こしょうを振り、オリーブ油大さじ1を熱したフライパンで焼く。
4.鶏肉に焼き色がついたら、余分な油をキッチンペーパーで取り、白ワイン(大さじ4)と白ワインビネガー(大さじ1)を入れてふたをして2分位煮詰める。
5.厚手のなべにオリーブ油(大さじ1)を熱し、にんにくを弱火で炒め、色づいて香りが出たら取り出す。玉ねぎを入れて炒めたら、しめじ、まいたけを加えて強火でいためる。
6.5に、4の鶏肉を汁ごといれ、トマト缶、黒オリーブ、水(カップ3)、コンソメスープの素を加え、ふたをして途中アクを取りながら、30分煮る。
7.塩、こしょうで味を整え、器に盛ってパセリを振る。

PR

No.437|[その他]スープ・味噌汁Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :